女の子こわい

 

 

 

 若い衆が集まって各々の好きなものを言い合っていた。

 

 「俺はコーヒーが好きだ。」

 

 「僕は彼女が一番かな。」

 

 「俺は映画。あれは良い。」

 

 

 

 机を囲むこの4人。同じ借家にすんでおり、晩になれば集まってどうでも良いようなことをツマミに酒を呑む。ルームシェアと呼ぶにはあまりに男臭い部屋だった。

 

 

 

 「映画は映画で好きだが、ホラー映画だけは恐くてだめだ。お前はどうだ?」

 

 「ホラー映画は大丈夫だが、僕は虫がダメだ。足の多いのが素早く動いているのなんて恐くてしょうがない。」

 

 「俺は大家が恐い。月末となると家賃の支払いの催促に来やがる。」

 

 おばけ、家賃、クレジットカードの支払い、学校の期末テスト、ゴキブリ、病気・・・嫌いなものは恐いのだ。

 

 

 

 3人がそれぞれの恐いものを話している時に、一人スマートフォンをいじりながらタバコを吸っているのが寅さん。

 

 「おい寅さん。お前さんの恐いものは何だ?」

 「俺はなんも恐いものなんてないね。」

 「じゃあおばけはどうだ?」

 「あんなもんいるわけないんだよ。もしいたとしたら、友達にでもなってしまえばいいんじゃないかね。」

 

 「それじゃあゴキブリは?」

 「あんな小さいものに怖がっていてどうする。よく見りゃ小さくて、ちょこちょこと可愛いもんよ。俺は恐いものなんてな〜んも無い。」

 

 「さすがの寅さんも病気は恐いだろ?」

 「俺は生まれて此の方病気ってものになったことがないんだ。病気の方から恐がって逃げるってもんよ。な〜んも恐いもんなんて無い。無いったら無いんだ・・・・・チョット待った。あった。1つだけ。忘れようと強がっていたが1つあったよ・・・」

 

 「「それは何だ?」」

 意外な答えに3人の視線が集まる。

 

 

 

 寅さんは小さな声で

 「女の子・・・女の子が恐い・・・」と。

 

 何がそんなに恐いのかと詳しく聞きだそうとした3人だったが、寅さんは真っ青な顔をして、耳を塞ぎながら自分の部屋へと帰ってしまった。

 

 

 

 

 

 普段から几帳面で誰にでも優しく、勇敢で男らしい寅さん。その寅さんが「女の子」が恐いときたもんだ。寅さんが寝ている間に女の子を部屋に忍び込ませたら面白いと、残された3人の意見は一致した。

 

 棚に置いてあった薄い本。後ろのページに書いてある電話番号に電話をかけると、ものの30分程で、警察官のような衣装を持った女の子が現れた。

 「どうぞこちらへ。」と女の子を寅さんの部屋へと案内する。3人は少ししてから障子の隙間から寅さんの部屋を覗いた。

 

 

 

 薄暗くて部屋の中の様子は見えなかったが、確かに寅さんの悲鳴が聞こえた。

 

 

 

 「ひえ〜、もうやめてくれ〜〜!!!!」

 

 3人は「作戦が成功した」と喜び、しばらく悲鳴に耳を澄ましていた。

 

 

 

 少し経って3人の内の一人が異変に気付いた。

 「ちょっと待て、中の様子がおかしくねぇか?」

 

 確かに部屋の中からはギシギシと妙な音がするし、寅さんの声に混じって女の子の悲鳴も聞こえた。

 

 3人は寅さんの部屋に押し入り電気をつけた。寅さんは「ああ恐い、ああ恐い!!」と叫びながらベッドを揺らしていた。

 これはやられたと思った3人。ベッドの動きがおさまるまで待って、布団から頭だけを出した寅さんを問い詰める。

 

 

 

 「寅さんにはまんまとやられたよ。本当はなになにが恐いんだ?」

 

 

 

 少し考えた後、寅さんが言った。

 

 

 

 「今は何も恐くねえよ。でも明日はもっと若くて、ナース服でも着た女の子が恐いかな。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大変失礼しました。

 品が無いのでおしまい。