ぼくはSTAR WARSを見たことがない。

 

 

 

 僕はSTAR WARSを見たことがなかった。見ることから逃げていたといった方が正確かもしれない。

 長い間STAR WARSに関する情報が入らないよう耳を塞いでいた。実際、この前までC-3POR2-D2の区別もつかなかったし、主役はジョージ・ルーカスだと思っていた。「FANBOYS」というSTAR WARSファンの映画は見たことがあるけど、やっぱり重要な情報は聞かないふりをしていた。

 

 

 

 

 

 僕はSTAR WARSが大好きだった。見たことがないのに大好きなんて、変なことを言っているのはわかっている。それでも大好きだった。変でも構わないと思っていた。21年という長い歳月をかけて、僕の塞いだ耳の隙間から流れ込んでくる情報は、それだけで僕をワクワクさせてくれたのだ。

 

 

 

 STAR WARSを見るのがただ怖かった。僕の膨らみ過ぎた期待を裏切られる事を恐れていた。見たは良いけど微妙だったりしたらどうしようとか、好きになれなかったらどうしようとか。会ったことはないけど、想いを寄せているメル友なんかが居ればこんな感じなんだろうと思っていた。

 

 

 

 「え~STAR WARS見たことないの~?ざぶ絶対好きだよ―」

 

 友人の心無い言葉に傷ついた。確かに彼らからすれば僕は臆病者かも知れない。でも、そこら辺のSTAR WARSファンよりはSTAR WARSを愛している自信があった。STAR WARSが見たかった。全身でSTAR WARSを感じたかった。

 

 

 

 それでも、同居人が作っていたC-3POのプラモデルが僕には眩しすぎた。

 

 

 

 

 

 彼女と二人でゲオに行った。STAR WARSを借りるために。全部レンタルされていればいいのになぁと思っていた。残念ながらDVDは全作残っていて、エピソード4,5,6,7を借りた。手は震えていた。

 

 

 

 結果的に3日間で4作のSTAR WARSシリーズを観てしまった。全く後悔はしていない。STAR WARSは僕の想像を遥かに超えて最高だった。控えめに言っても最高だった。多分僕はこれからゲオに行ってエピソード1,2,3を借りるだろう。ローグワンも絶対に映画館で見る。フィギアとかプラモデルとか色々買うことになるかもしれない。

 

 

 

 

 

 でも、僕はこれから何を楽しみに生きていけば良いんだろうと少し不安になった。

 

 フォースと共にあらんことを。

 

 

 

 

 

 おわり。