ざぶの何か

主に料理です。

ムリなとき用料理 その1

人はムリになると、食がおざなりになります。

晴れの日に傘を買うことができない人間は、雨が降るたびに濡れるのでしょう。濡れることを楽しむという生き方もあるかもしれません。

 

さて、ムリ期における食事ですが、手の込んだ物なんて作れるわけがありません。だって無理なんだもの。かといって食べないわけにはいかない(僕は急に断食したりしますが)。それじゃあどうしよう、という話です。

要するに、心の残機が0の状態で何とかするためのレシピについてという事です。

一時期、三食コンビニの弁当とかカップラーメンだったことがあるんですけど、あれメンタル削りますね。腹は膨れるのに。

 

材料

f:id:ToiLetg0:20181002165924j:plain

大切なことはいつもシンプルだ。

特になんてことはない炊き込みご飯をやります。特別美味しいわけではないので、別に読まなくてもいい気がしてきた。

f:id:ToiLetg0:20181002173649j:plain

冷凍あさりのハズレはすごく臭くて、炊飯器にドボンだと沼みたいな炊き込みご飯になるので、酒蒸し的な処置をしています。良い物ならいらない工程。

f:id:ToiLetg0:20181002173909j:plain

それを汁ごと炊飯器へと。

自分用のご飯には基本的に押し麦が入っています。味的にも好みなのと、食物繊維を積極的に摂取すると体調がよくなる気がする。

f:id:ToiLetg0:20181002174122j:plain

キノコランキング一位の舞茸氏が入場。包丁を使わないことは精神衛生上すごくいいのでそのようにしましょう。

 

味付けの話ですが、基本的に・醤油・白だし・塩・酒・みりん なんかを適当にぶち込みましょう。塩加減を醤油でキメるのはたぶんNGです。

醤油は風味をつけるための調味料だということです。入れすぎると何でもかんでも醤油味の茶色い物質になってしまう。風味がきまったら、塩でしょっぱさを決める。このルールを採用してから自分の料理はだいぶ美味しくなりました。

 

f:id:ToiLetg0:20181002210051j:plain

 1UP

 

よかったよかった。

色々ありますが、より良い食べ物を食べていきましょう。

 

 

ごちそうさまでした。

 

カレー、牛、人権

 

退廃の音が窓を打つ。そんな季節になりましたね。

皆さんには聞こえない?それはそうかもしれません。

 

 

先人たちの教えの通り、美味しい物を食べるという事は、身体的にも精神的にもbetterな方向に作用しますね。

f:id:ToiLetg0:20180623184821j:plain

最近僕の晩御飯はこのようになっていたので、そういう意味ではダメです。

ダメな物は良くしていこう。という事で料理をします。

 

 

話は変わり、以前女の子と人権について議論していて「海からやってきた足が8本あるヌメヌメした知的生物」に人権はあるのかみたいな話になったのですが、みなさんはどう思いますか?

「ここまでは人権を与えられるべきだ」

「この条件を満たしていたら」

などの主張が考えられますが、とても難しい定義ですよね。

 

はっきりと分かるのは、女の子とヌメヌメした人権の話をするな。ということでしょうか。

 

 

 はい。

カレーですが、これも定義が難しく十人十色の解釈が考えられます。

冷ややっこにガラムマサラを振った料理をカレーだと言われたら怒るかもしれません。

 

なんにせよ「カレー」の淵をドリフトしながら進むような調理はしたくないので、安全運転を心がけます。 

 

以降、僕自身の偏ったカレー観に基づいて調理を行います。参考文献はありません。

最初に言っておきますが、今回のカレーは18時間かかってます。

寝かせる時間を引いても10時間程キッチンに居ることになるので、再現性はなさそう。

あと調理したのは3か月前とか。長くなりすぎて書く気が起きなかったんだ。

 

 

【素材】

f:id:ToiLetg0:20180623185037j:plain

写真に存在しない物も多く、伏線はのちに回収されることを祈りましょう。

 

これを

f:id:ToiLetg0:20180625114646j:plain

こうする。

f:id:ToiLetg0:20181001205521j:plain

こうすることによって

f:id:ToiLetg0:20180625114813j:plain

こうなります。(玉ねぎニンジンセロリにんにくショウガ)

弱火でじっくりというのは僕の苦手とする所なので、終始強火です。それでもここまで2時間くらいかけてます。

焦げそうになったら、水、油を注ぎます。正しさは注げていません。

 

そして

f:id:ToiLetg0:20180625115045j:plain

薄力粉を

f:id:ToiLetg0:20180625115120j:plain

焦げ臭くなるまで炒ります。

 

料理をほめる時に使用される「コクがある」という表現ですが、あれって何なんでしょうね。

僕の解釈としては「味の奥深さ、複雑さ」の事だと思っていて、そうしたときに重要になるのが「苦味」「えぐみ」「臭み」などの違和感なのだと信仰しています。違和感がない味はすっきりとするはず。

一点の曇りもない端麗とした美しい料理、僕には作れない。

そう。僕には。

 

そのような事情により、小麦粉はかなり焦がします。

同時にスタートのスパイスも炒っておくといい気がします。

f:id:ToiLetg0:20180625120751j:plain

これが一連の流れです。頭は悪いです。

僕はバカのメモが以上に好きで、壁に貼りたい。

 

f:id:ToiLetg0:20181001201441j:plain

人の家の壁に貼ったら住人がすごく嫌そうな顔をしていた。

 

ダメ~~~~

 

 

 

話は 戻ります。

f:id:ToiLetg0:20181001205725j:plain

 牛肩ロースは適切な大きさにカットして、表面に焼き色をつけるべく鉄でやります。

f:id:ToiLetg0:20180625121640j:plain

そういえば牛乳につけて置いたら柔らかくなるのでは?という思い付きの結果。

塩麴も入れています。

 

トマト缶も水分を飛ばします。

f:id:ToiLetg0:20181001201951j:plain

パスタを作るときなんかは、トマト缶に十分に火を入れずに使うと青臭くて僕はだめです。

f:id:ToiLetg0:20181001202727j:plain 

先ほどの玉ねぎ達に牛肉をinしました。水分は牛乳とコンソメスープです。

このままコトコトやっていきます。そう。気が遠くなるほど。

f:id:ToiLetg0:20181001203000j:plain

鍋的には変化が無かったので、前の写真から随分と永い時間が経ちました。

 

スパイスを入れると、急にカレーみたいになりますよね。

スパイスの配合は秘密。というか感覚でやっているので覚えていません。

味を見つつでいいと思いますよ。特に異常な旨味で押さえつけるレシピの場合は、とりあえずモリモリ入れておけば何とかなります。

f:id:ToiLetg0:20181001203416j:plain

これ、入れてから気づいたのですが、赤ワインいっぱい入れるとビーフシチューになっちゃう。

f:id:ToiLetg0:20181001203427j:plain

0点。

もうカレーに入れる為に買ったのか、飲むために買ってカレーに入れたのか、曖昧な。

f:id:ToiLetg0:20181001203633j:plain

これは小麦粉をinした後です。

色が濃くなっているのがわかるかなと。

この時点の味は最悪で、ワインのえぐみと小麦粉の苦味で食えたもんじゃありません。

小麦粉を入れてから、10時間くらいは置いておきたい気がします。

f:id:ToiLetg0:20181001203919j:plain

赤い油の発生により、希望が見えた。

胃に優しいとかは考えないのが流儀。

f:id:ToiLetg0:20181001204131j:plain

煮詰まると粘度が出てきます。

人間と同じかもしれない。

f:id:ToiLetg0:20181001204341j:plain

具としての玉ねぎが入場。

もうこの鍋の中には、大きいの6個とかが入場しているので、確実に胃もたれする。

 

だがそれでいい。

f:id:ToiLetg0:20181001204226j:plain

あったのでシメジがはいってます。

 

 

そして全部嘘になる。

f:id:ToiLetg0:20181001204242j:plain

これが馬鹿みたいに旨い。

食した人達は「脳がしびれる」みたいなことを言っていた気がします。

たしか呂律は回ってなかった。

 

多分今まで100とかの単位でカレー作ってきたのですが、このレシピは相当良いです。

牛スジなんかを入れても優勝できます。

 

本当においしかった。

 

 

余談なのですが、この18時間かけたカレーは、人に振舞ったので、僕は一皿しか食べていません。

おそらくこの凶暴なカレーでも、一皿1200calもいってないと思うのですが、僕の基礎代謝が2000位なので、カロリー収支が赤字になるという結果です。

このカレーを作り続け、振舞い続けると、僕は死ぬ。

 

餓死カレー

 

 

 

ごちそうさまでした。

 

御麻婆豆腐

 

飯だ。

 

f:id:ToiLetg0:20180309140913j:plain

 

 

中華鍋は安物でもそれなりに使い物になるので、重宝します。

使い始めに2時間くらい焼き入れしないといけないのと、毎回煙がすごいことになるので、そこは減点。

この工程を省くと、よく焦げる鉄屑になります。

 

 

 

ということで麻婆豆腐。

 

―材料

・豆腐(人による)

・豚ひき肉(多い)

・ネギ(適量)

・にら(適量)

・ショウガ(大量)

・にんにく(大量)

・乾燥エビ(任意)

 

―調味料

・醤油

・酒

・みりん

・豆鼓

・豆板醤

・甜面醤

・鶏がらスープ

オイスターソース

・砂糖

・酢

 

―主役

花椒

・山椒

 

 

麻婆豆腐は適切にhave to をdoすることによって美味しくなると思う。

詳しくは知らん。

 

f:id:ToiLetg0:20180309141742j:plain

 

米から。吸水させましょう。約束です。

水を少なくして固く炊くことで幸せになります。

あったので押し麦と玄米が混入している。

 

f:id:ToiLetg0:20180309145102j:plain

 

おおまかな材料。意外と安い。

だらだら調理するとダラダラとした味になるので、切るものは事前に切りましょうね。

 

最近にんにくはスペイン産のを買っています。

 

f:id:ToiLetg0:20180309145116j:plain

 

塩水で豆腐をゆでている。これはhave toです。

これをやると食感がよくなる気がするから。

沸騰させてしまうとぐずぐずになるので注意

 

f:id:ToiLetg0:20180309145123j:plain

 

ひき肉と豆板醤、ショウガニンニクをキリキリに炒めています。

やりすぎはないので、時間の許す限りやりましょう。

 

ネギの青い部分を使ってネギ油を大量に作っておくと後々良いことが最近の研究で分かっています。

 

f:id:ToiLetg0:20180309145135j:plain

 

ねgi

 

f:id:ToiLetg0:20180309145141j:plain

 

ブワッ

 

f:id:ToiLetg0:20180309145149j:plain

 

無数の乾燥された尊い

 

f:id:ToiLetg0:20180309145154j:plain

 

ごめんよ。うまい。

 

これが素です。

調味料を適切に入れましょう。

 

f:id:ToiLetg0:20180309145208j:plain

 

豆腐in

 

f:id:ToiLetg0:20180309145217j:plain

 

ニラが大量

葉ニンニクがあればもっといい感じになるかもしれない。

 

 

経たので完成。

 

f:id:ToiLetg0:20180309145227j:plain

 

神からの啓示があったので丼になりました。

 

主役は遅れてやってくるので、花椒と山椒を馬鹿みたいにかけて食べます。

花椒はミルで。3食ぐらいで使い切ります。

これがないと婆豆腐になるので注意。

 

異常にうまい。

 

ごちそうさまでした。

 

 

5倍海南鶏飯

 

 

お料理ブロガーになりたいという気持ちが強いので、お料理ブロガーになります。

ならないかもしれません。

 

 

 

今回は海南鶏飯カオマンガイ)を作りました。

 

鶏の出汁でご飯を炊きこんで、その上に柔らかい鳥肉、チリソース的な何かが乗っている料理だと思っています。

 

検索すればレシピは無限に出てくるのですが、レシピを見て料理すると権力に負けた気になるので、できるだけ先人の知恵は借りない方針で進めていきます。

 

おそらく鶏飯鶏飯を作るのは4回目で、失敗したり成功したりがあったので、今回で何かの指標を完成させたいと思っています。

 

おそらく間違ってしかいないと思いますが、旨ければ問題ない。そういう事です。

正しさを求めるな。クックパッドを見ろ。

 

 

 

―以下材料

・米(食えるだけ)

・鶏肉(あればあるほど良い)

・冷凍鶏がら(あればあるほど良い)

・冷凍豚骨(適量)

・ネギ(大量)

・ショウガ(大量)

・ニンニク(大量)

 

ー調味料

・醤油(適量)

ナンプラー(適量)

・白砂糖(適量)

オイスターソース(適量)

ケチャップ(適量)

・タバスコ(任意)

 

以上参考にならない材料でした。

 

 

f:id:ToiLetg0:20180302163030j:plain

 

一発目から大間違いですが、これは豚骨と言います。

 

一般的に海南鶏飯に豚骨を入れることはないですが、テンションが高まったのと、値段が予想の1/4位だったので購入しました。

 

他種の動物のエキスが加わることによって味をブーストさせるのが目的です。

 

 

現状足りていないのは、鍋の大きさと冷静な判断かなと思います。

 

f:id:ToiLetg0:20180302163046j:plain

 

左豚骨 右鶏がら

 

臭み的な観点から、鶏がらの方が下茹でが短くていいんじゃないかということで、別の鍋に移しています。

 

f:id:ToiLetg0:20180302163055j:plain

 

下茹でを終えた豚骨、折りたいな。ということで

 

f:id:ToiLetg0:20180302163102j:plain

 

こちら一般的な調理器具である「ハンマー」です。

調理器具の中では包丁の次に攻撃力が高いと言われています。

 

調理器具に防御力を求めるのは間違っているため、防御力に関しては評価しません。

 

 

f:id:ToiLetg0:20180302163111j:plain

 

ハンマーで10分ほど叩いていたのですが、豚骨が折れるよりも先に自分の心が折れたので、鍋に戻しました。

 

豚骨>ゴム製ハンマー

 

生きているということは学ぶということですね。

 

 

f:id:ToiLetg0:20180302163121j:plain

 

これはいい感じに鶏がらの出汁が出ているところです。

鶏がらと一緒に大量のショウガとにんにく、ネギ(青)が入っています。

 

灰汁は取ろうな。

 

f:id:ToiLetg0:20180302163131j:plain

 

これは個人的に葛藤があった段階で、カオマンガイを作るときには

鶏肉→出汁→ごはん

というように旨味を移動させるのですが、そうすると最終的に鶏肉が美味しくなくなるし、この工程を省くとご飯が旨くない。という板挟みにあいます。

 

鶏がらスープの素を使えば解決かと前回思ったのですが、市販の物は塩分が含まれているため、理想の濃さにもっていこうとすると塩辛くなるという現象に遭遇しました。

 

ということで今回は

鶏肉→出汁→ごはん の旨味移動を半分くらいにして

鶏がら+豚骨→出汁→ごはん の旨味移動で旨味の底上げを行います。

 

旨味の総量が多ければ、後々の塩加減が大まかで良いので助かります。

繊細な料理は苦手です。

 

f:id:ToiLetg0:20180302163137j:plain

 

100%フィーリングで作ったチリソース。旨いなお前。

 

f:id:ToiLetg0:20180302163148j:plain

 

3人分の鶏肉です。柔らかくて旨味も残っている。やったね。

鍋にぶち込んで火を止めて放置することで、火が入りすぎるのを阻止します。

 

肉は生に近いほうが旨い。(角煮類を除く)

 

f:id:ToiLetg0:20180302163153j:plain

 

色々を経て完成。

豚骨を加えたことによって、見事ブーストが行われました。

野菜類が付け合わせにないのは、必須ではないとの判断です。

 

もう少し暴力的な物が出来上がるかと思っていたのですが、程よい感じにまとまりました。

豚骨の骨が折れていたら変わっていたかも。

 

カオマンガイは色々とロスが無く好きな料理なのでまた作ります。

 

 

 

 

ごちそうさまでした。